日曜日は明治神宮で散歩

今日は明治神宮に行きました。
本堂へ入るときは、だいぶグズったけれど、横道に逸れて散歩したときはご機嫌です。明治神宮は自然がたくさん残っていて、都会の真ん中にあるパワースポットです。

鳥居を見て「おっきい」
裏道に入れば、壮大な散歩道
たくさんのドングリ

中学・高校でどう親離れをするかを分析

親が子供を離すときに、どのようにしたら良いのか考えました。
内容をカテゴリーから分けると、

  1. 希望や目標
  2. 具体的に行う内容
  3. いつ行うか(勉強時間、ゲーム時間など)
  4. 生活インフラ(起きる時間、寝る時間など)

みたいになります。
これらを相談しながら徐々に上の項目から委任していくのが良いと思いました。

また、目的としては、社会に出てちゃんと生きていくために今は何をするべきかを考えられることなのかなとも考えます。

保育園帰りに東京タワー

今日は朝保育園に着くと、「いきたくない」と言われました。「最近、保育園がつまらないんだよね、ごめんね」と言う気持ちから、できるだけ好きにやらせてみようと思っていました。

保育園に迎えいに行くと、「東京タワーいく」と言い出し、「東京タワー?」と聞いたら、「やったー」と返されて、「まぁ行くか」と東京タワーに行きました。

ヒルズを通過
お目当の東京タワー(初東京タワーです)
帰りはミッドタウン前を通る

成人の日は公園で友達とひたすら遊ぶ

今日は近くの公園でひたすら友達と遊ぶ

今日は近くの公園で保育園友達三人とひたすた遊びました。見ていると、子供って個性が本当に違っていて面白い。うちは、臆病と言うか、用心深いと言うか、慎重派でした。

友達は、とりあえず遊んでみる派とか、周りを気にせずに自分のことをひたすら楽しむとか、子供によって全然違いました。そして、それらは親の性格にもよるのかな。

それからどんぐり山へ一人移動

帰ってきて家に入るかと思ったら、外に遊び行くと言うのでサッカーボールを持って移動。それから、階段をひたすらに登ったりおりたしして、サッカーして、その後にどんぐり山で、ふわふわの落ち葉の上を歩いてご満悦です。

最近、再び〝魔の二歳児〟っぽいので、ひたすら遊ばせてみる

最近魔の二歳児っぽく、ひたすら反抗。
「いやだ」「あっちいけ」
などの連続のため、今日はひたすら遊ばせてみました。

まずは定番、ロボロボ公園(さくら坂公園)

とりあえず運動でしょと、自転車でロボロボ公園へ。
相変わらずの人気でコミコミですが、遊べたのでたくさんのすべり台を堪能しました。途中で困ったのがトイレ問題。うんちが出てトイレを探しました。近くにあったので、とても助かりました。

続いて六本木ヒルズへ

いつも慣れている六本木ヒルズへ。
お昼と屋上が目当てです。
美術館とスカイデッキとラウンジを周り、お腹が減ったので食事に入ろうと思ったら、ものすごく混んでいたため断念。
青山のパン屋さんへ移動です。

青山のパン屋「Viking Bakery F」へ

子供と美味しいパンが食べたいと言っていたので、Viking Bakery Fへ移動。
(途中で寝ちゃったけれど。)
パンをお持ち帰りで買って帰りました。

その後も続く遊び天国

目が覚めたら、どんぐり拾い、サッカー、すべり台とまたまた遊び天国です。
暗くなるまで遊んで帰宅。
その後はぐずることもなく、ぐっすり寝ました。

やはり、魔の二歳児の原因は運動不足説が自分の中で確立してきています。

頭が良いとは

頭の良い子として、

  1. 記憶力が凄いのか
  2. 考える力が凄いのか

だとしたら、後者の方が歩みは遅くても将来飛躍する可能性が高いと思います。

記憶力が高いと、努力しなくてもできてしまうため、環境を作るのにとても苦労します。本人が進んで努力しないといけない環境を与え続けないと、楽をすることもあるようです。

考える力がある場合、どうしても初動が遅いので、そこを親は待ってあげることが必要。そして気付きを与えるために、深掘りしたり、あえて反対の意見を言ったりすると良いと思います。

また、この二つの特定ですが、遺伝をベースに親が子育て環境を作るので、子供からしたらどうしようもないです。親も祖父母から引き継がれていると考えると、性格とか言いますが遺伝ではないかとも思います。

人生に対してポジティブなお金の使い方

人は、「多くの物を手に入れるほど、人生は豊かになる」という成功観を持っています。しかし、一時的な幸福感が出ることがあっても、ある期間が経過すると「さらに物が欲しく」なります。 生活が変わるようなものを買ったとしても、それが標準となるため幸福にはなりません。

研究によると、人生において、何をどう買うと幸福感が長く続くか、ある程度の法則が見えているそうです。〝経験や教育系〟など価値観を広げるようなところにお金をかけることが幸福感をあげるポイントのとのことです。

正月の最後は、子供にひたすら付き合う。

今日も朝から晩まで子供と一緒。年末最終日ということもあり、本人が望んであるであろうことを考えてフルフルで付き合ってみました。

さくら坂公園

まずは公園ですべり台を堪能。この施設を選んだのは、最近すべり台が大好きでしょうが無いから。
港区でたくさんすべり台があるさくら坂公園へ初めて行ってみました。

すべり台がかなりの数並んでいて、はまっていた様子。
『パパも』と言われてかなり付き合いました。最後の方は膝が震えてしまった。

六本木ヒルズ

さくら坂公園から家に帰るというので、近くにあった六本木ヒルズに寄りました。目的はお昼と美術鑑賞。

天空駅カフェ

子供もいて、大声で騒いでもそこまで迷惑にはならないです。
値段は一人1,000円から。少し高いけれど、おすすめです。

どんぐり探し

最後は、サッカーをやった後にどんぐり拾い。

お昼寝なしで17時までぶっ続けで遊びました。