成人の日は公園で友達とひたすら遊ぶ

今日は近くの公園でひたすら友達と遊ぶ

今日は近くの公園で保育園友達三人とひたすた遊びました。見ていると、子供って個性が本当に違っていて面白い。うちは、臆病と言うか、用心深いと言うか、慎重派でした。

友達は、とりあえず遊んでみる派とか、周りを気にせずに自分のことをひたすら楽しむとか、子供によって全然違いました。そして、それらは親の性格にもよるのかな。

それからどんぐり山へ一人移動

帰ってきて家に入るかと思ったら、外に遊び行くと言うのでサッカーボールを持って移動。それから、階段をひたすらに登ったりおりたしして、サッカーして、その後にどんぐり山で、ふわふわの落ち葉の上を歩いてご満悦です。

人生に対してポジティブなお金の使い方

人は、「多くの物を手に入れるほど、人生は豊かになる」という成功観を持っています。しかし、一時的な幸福感が出ることがあっても、ある期間が経過すると「さらに物が欲しく」なります。 生活が変わるようなものを買ったとしても、それが標準となるため幸福にはなりません。

研究によると、人生において、何をどう買うと幸福感が長く続くか、ある程度の法則が見えているそうです。〝経験や教育系〟など価値観を広げるようなところにお金をかけることが幸福感をあげるポイントのとのことです。