一歳の予防接種

今日は病院で予防接種です。一歳になると、いきなり5種類同時にに打つことができます。

保育園を早退し、病院へ向かいました。すると、ついて検温をしている時からもうわかったようです。何かあるたびに泣きまくり。親としては可哀想だけれど、我慢してと思うことしかできません。

両腕に二箇所ずつ、足に一箇所注射しました。こんなに打たれたら、僕は嫌になってしまいますが、赤ちゃんはどうなんだろう。同時に打つのは、親は楽ですが、それだけなのかな。

1時間ぐらいかけて終わりました。自宅ではもちろん安静にします。

夜になると、身体の拒否反応なのか、体調が思わしくないようでした。泣いているのが続いたので、久しぶりに私の横抱っこと子守唄で寝ました。横抱っこすると、「大きくなったんだな」とすごく感じます。

アデノウイルスが父にうつり4日目

初日40度、2日目は38,8度、3日目は36,8度、4日目は38,8度です。
解熱剤飲めば1度下がるくらい。
仕事の納期があり、仕事しているのも回復が遅い原因かも。

子育てしていると子供からもらうって言うけれど、まさにこのパターンです。一生懸命やっている証拠かな。対策を考えないと。

父が病気になると、、、

熱がまだ治らない。
こうなって見て考えること。

私の調子が悪いと、何かを積極的にやるような元気が無く、負担が全部妻に行ってしまいます。病気とは言え、本当に申し訳ないと思います。

子育てしている家庭は、割と体力的にも限界までやることが多いのではないでしょうか。そうなると、最初にどちらかが倒れて、負担が残った1人に集中する。その後、1人が回復したらもう1人がダウンというパターンが多いような。

子育てで重要なのは手抜きというけれど、限界あるし、シッターさんとかうまく使わないと両親倒れると思う。核家族の人たい一緒に頑張りましょう。

父も病気になりました。

今度は僕がアデノウイルス。40度の熱を出しました。

最初は寒くて身体の震えが続きました。身体がおかしく、起き上がることもできません。

どうしてもトイレに行きたくなり、歩こうとしましたが、ふらっとして立てませんでした。寝ようにも痛くて寝れません。

物を考えることもできないし、何かを見ることもできない。

赤ちゃんはこんな状態で頑張ってたんだ。たいへんだったんだなぁ。

赤ちゃんピンチ。アデノウイルスにかかり高熱と戦う。

まずは病院を受診し、原因が特定される

ゴールデンウィーク直前に赤ちゃんが熱を出しました。
一時回復しましたが、また熱が出たため病院を受診しました。
検査したところアデノウイルスというものが原因とのこと。喉につきやすいウイルスで、熱以外にも、結膜炎、まぶたが赤くなるとか、さまざまなタイプがあるそうです。
通常4、5日で治ります。また、99%自然に治癒するとのことでした。良かった。
その間に他の感染症にかかりやすいから気をつけてほしいとのことでした。

薬をもらったけれど飲んでくれない

病院から処方された薬は、飲み薬と粉薬。感染症対策と喉の炎症を抑える薬です。
普通に飲んでくれるものと思っていたら、粉薬が取れません。嫌がるし、無理やり飲ませたら、その前に飲ませていたミルクとともに吐いてしまいました。

さらに熱が上がり、ミルクも取れない

そして、時間が経つにつれ熱が上がっていきます。40度を超えてまだ上がります。初めてなので、大丈夫なのかとものすごくすごく心配に。本人もすごく辛そう。喉が痛いのか、ミルクも飲めなくて脱水状態気味になりました。

翌日になっても熱は下がらない

次の日になっても熱は下がりません。こんなに続いても大丈夫なんでしょうか。
さらにミルクも飲めなくなって来ているようです。不安になり再度病院へ行きました。

入院?

熱が下がらず、脱水気味のため、先生から言われたのが「入院して看病したほうがよい」とのこと。ただ、受診しているにも赤ちゃんの様子が変わっていき、また注射されると思ったのかギャン泣きしました。

その様子を見ていた先生から、「これだけ騒げるなら大丈夫でしょう。その都度緊急で来てください」とのこと。赤ちゃんといっても1歳近いため、まだ元気だし大丈夫でしょうとのことです。

少しずつ症状が落ち着いてくる

自宅に帰って来てから少しずつ落ち着き始め、ミルクがのめりようになって来ました。
その後、赤ちゃんは少し元気になり、笑顔が出るようになって来ました。今は元気になり本当に良かった。

赤ちゃんが病気になったときに

赤ちゃんは病気になります。割と頻繁に。。

そうすると、保育園には当然行けなくなり、病院に連れていきます。また、夜も頻繁に起きてしまうため、夫婦寝不足になります。そんなときの考え方です

厳しい状況になる

男性は育休取得中でもないかぎり、子育てと仕事を併用していることが多いと思います。病気になると、いろいろなことが普通には進まなくなり、精神、体力共にかなり厳しい状況になります。

赤ちゃんは励ましてくれる

今日も赤ちゃんを病院に連れて行きながら、自分の仕事とか考えてて、どうしようかなと思っていました。すると、赤ちゃんがベビーカーから手を振ってくれました。

そう、なりたくて病気になっているわけではないんですよね。