マンガでやさしくわかるアドラー心理学を読んでみました。内容は、自分の行動の動機付けの分析と修正方法かな。

面白かったのが、兄弟においての「兄がこうなら弟はこうなるのような」ものがあること。それによると、性格や教育ではどうにもならないものが存在するということです。そうやって考えると、うちでも納得する行動がたくさんあります。

なかなか興味深い本でした。何回か読み返したいです。

アドラー心理学

アドラー心理学